初物の柿2019年10月02日

散歩の途中でJAの農産物直売所に立ち寄ってみたところ、甘柿が並んでいました。
早生品種の“西村柿”というものです。
 
甘柿①

比較的大きいものが6個入って350円であり、値段がリーズナブルなのと初物ということで買ってみました。袋から出すとこんな感じです。
 
甘柿②

早速食べてみたところ、さすが初物!甘柿なので渋くはないのですが、甘みもあまりありませんでした。あと一月もすれば本格的な甘柿が出回りますので、味を楽しむのは11月に入ってからになりそうです。

最後の暑さ?2019年10月05日

もう10月だというのに、天気予報によれば本日の最高気温は31℃だとか。昨日は散歩を休んでしまったので、暑くても頑張ろうと思って散歩に出かけました。

午前10時頃の空は見事な青空でした。このような晴れなら予報通りかなり暑くなりそうです。
 
見事な青空

でも、実際に歩いてみると「暑くてたまらない!」といったほどではなく、意外に気持ちよく歩けました。たぶん湿度が低かったのと程良く風が吹いていたからだと思われます。

午前の散歩から戻って玄関先の温度計を見ると29℃を指していました。予報より若干気温が低めになっているようです。
 
昼前の玄関先

午後の散歩も午前と同じように気持ちよく歩けました。帰宅してからNHKのデータ放送で気象データをみると本日の最高気温は29.5℃となっていました。予報ほどは高温にならなかったようです。
 
本日の最高気温
                   ※ NHKデータ放送からの引用です。

週間天気予報によれば、明日からはかなり涼しくなるようです。
 
週間天気予報
                    ※ NHKデータ放送からの引用です。

とくに週明けになると本来の10月の気温になるみたいですので、散歩に出かけるときの服装をそろそろ切り替える必要がありそうです。

気圧計を購入2019年10月10日

気象の状況によって症状が変化するという“気象病”について、気圧との関係を調べるため“アネロイド型気圧計”を購入しました。“エンペックス気象計(株)”という日本のメーカー製です。

外観は次の写真のようにいかにも精密機器といった感じですが、家庭用として販売されている製品なので、見た目ほど高精度ではないと思われます。
 
購入した気圧計

ネット通販で「気圧計」を検索したときに出てきた気圧計のほとんどは、mmHgという水銀柱のレベルを表す単位で表示されており、“ヘクトパスカル(hPa)”表示の製品は意外に多くはありませんでした。

購入製品の概要説明はこんな感じで書かれていました。ほかに、薄っぺらな取扱説明書が入っていましたが、内容はそれほど詳しいものではありませんでした。
 
気圧計の概要説明書き

でも、偶然見つけたエンペックス社ホームページのサポートサイトには比較的親切に説明されていました。詳しくはこちらをご参照ください。

台風通過後の状況2019年10月13日

昨日は台風19号が通過したため、夕方から激しい暴風雨となりました。22時頃になると、私の居住地域もエリアメールで“避難勧告”が出るという状況でした。自宅から50mほどのところにある公共施設が避難所となっていましたが、避難するほどではないと判断して自宅で台風が過ぎるのをじっと待ちました。今朝ほど分かったのですが、近隣地区から70人ほどの方々がこの避難所に避難したそうです。

今朝起きてから家の周りを一通り確認したところ、特段の被害はなかったようで一安心です。台風一過で晴れ渡った午後に、台風被害が近隣でどの程度生じたのかの調査を兼ねて散歩に出かけました。

霞ヶ浦のほうに行くと、湖面が濁った領域と濁っていない領域に分かれていました。川から流れ込んだ領域は濁っておらず、中央付近が濁っていまいした。中央付近は強風で掻き回されて濁ったのかもしれません。
 
霞ヶ浦の状態

用水路のような小さい“新川”はいつもより水位が高いように見えますが、増水というほどのレベルではありませんでした。
 
新川の状態

ヨット係留場のほうに行ってみたら、増水の痕跡は見当たりませんでした。防潮堤の水門を閉じるほどには水面が上昇しなかったようです。
 
ヨット係留場

市内で最も大きい“桜川”は増水していました。普段よりは2m以上水位が上昇しているようです。
 
増水した桜川

河川敷は完全に水没しており、河川敷よりも高い位置にある歩道も水没していました。
 
冠水した歩道

この川の上流地域では“避難指示”が出されていましたので、水位が下がるには時間がかかると思われます。

散歩途中で見た民家やビルなどには特段の被害は出ていませんでした。

それにしてもテレビ報道によると、今回の台風では中心付近よりも左側に大きく離れたところに大雨洪水が生じたようです。被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

二番芽の皇帝ダリア2019年10月14日

皇帝ダリアは春先に芽が出てどんどん背丈が大きくなりますが、伸びすぎて台風の季節に強風で倒れてしまうという状況が毎年続いていました。そこで、今年は7月半ば頃に思い切ってバッサリ根元から切り倒して二番芽を育てる方法を試みました。

二番芽は8月頃には伸び始めるかと思っていたら、以外に遅くて9月後半になってようやく芽が出てきました。予想よりだいぶ遅かったですが、それでもグングン伸びて先週には1mを超えるほどになりました。太めの茎が2本、細めが3本伸びています。
 
皇帝ダリア①

皇帝ダリア②
 
この調子だと、今年は人の背丈ほどでの開花が期待できるかなと思っていたら、一昨日の台風19号で見事にやられてしまいました。
 
台風で倒れた皇帝ダリア

太めの茎は根元からボキリと折れてしまいましたが、細めのものは倒れても何とか生き残っているようですので、様子をみたいと思います。蕾を付けて開花してくれればラッキーです。