ステップ台の嵩上げ2020年07月14日

以前に製作した低いほうの“ステップ台”を使ってみると、低すぎて少々物足りない感じでした(こちらを参照)。
 
低いステップ台

そこで3cmの角材で脚を追加し、嵩上げをしてみました。
 
脚を追加したステップ台

たった3cmの嵩上げ(トータル26cmの高さ)ですが、運動負荷が増えて良い感じとなりました。支えなしの状態で上り下りする使い方だと、体幹を鍛えるのに良さそうです。右から上るのを30回、左から上るのを30回という使い方で毎日実践しています。

このステップ台は安定性が非常に良いので、嵩上げ用のアダプターを用意すればもっと負荷の高い使い方もできるのではないかと思い、嵩上げ用アダブターを製作することにしました。実は、先週は天候不安定な日が続き、散歩がなかなかできなかったので、こんなことを思いついたという訳です。

物置にあった木材の切れっ端を利用して製作したアダプターはこんな感じです。
 
嵩上げ用アダブター

嵩上げの高さは9cmです。この上にステップ台を載せて使えるようにしました。写真に見える青い部分は滑り止めです。これによりステップ台を載せただけでもずれるのを防止できます。

両者を組み合わせるとこんな感じになります。組み合わせ時の高さは35cmであり、階段2段分より若干低めの段差になります。
 
組み合わせた状態

実際に使ってみるとかなり運動負荷が高く、足腰の強化が期待できそうです。でも、頑張りすぎて身体を痛めるようなことになると本末転倒ですので、ほどほどにしたいと思います。とりあえず右足からが20回、左足からが20回という使い方だと、無理のない運動になるようです。様子を見ながら回数を増やしていこうと思います。

新型コロナの対策用品が・・・・・2020年04月27日

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、マスクなどの対策用品が急激に不足する状況になっています。以前には、使い捨ての“不織布マスク”1枚の単価が7円程度だったのですが、現在ではどこのお店に行っても品切れ状態といった状況です。
 
不織布マスク

政府の呼びかけによって増産の努力がなされ、また家電メーカーなどでも生産されるようになったようです。しかしながら、まだまだ普通のお店で買える訳ではなく、もし買えたとしても1枚あたりの単価が以前の10倍程度になっているようです。

政府は「1世帯あたり2枚の布製マスク配付」を開始したようですが、いつになったら一般庶民の手元に届くのかは不透明な状態です。

そこで、世間では「布製マスクを自分で作ろう!」という動きが活発になってきています。学校が休みになって、自宅待機している生徒の実習課題としても布製マスクの自作が広まっているようです。
 
布製マスク

ところが、みんなが布製マスクの自作を始めたせいか材料が品切れになってきているようです。まず“ガーゼ”が店頭から消えました。次に“ゴム紐”が消えました。その次に消えたのは“ミシン糸”です。また、簡易型のミシン本体も品切れ状態になっているという話もあるようです。

新型コロナウィルスの影響を受けて品切れになったのはマスクだけではありません。電子体温計や電池も品切れ状態になっているようです。電子体温計の電池には“LR41”というボタン電池が使われているのですが、これが店頭から消えてしまいました。
 
電子体温計

幸いにも、ネット通販ではボタン電池の入手が可能であり、リーズナブルな価格で買うことができるようです。

消毒用アルコール”も入手困難な状況となっているようです。これまではドラッグストアに行けば買えたのですが、通常の小売店では品切れ状態となっています。それでも卸問屋などを辿っていくと見つかることもあるらしいです。

コロナ騒動”は相変わらず続いており、テレビでは連日取りあげられています。自治体の自粛要請に応じてみんなが外出を自粛し、感染者数の減少につなげていきたいものです。

ステップ台2020年01月08日

これまで使っていた“ステッパー”が昨年秋に壊れてしまいました。このステッパーは“ステップ台”としても活用していたのですが、高さが20cmほどで大した負荷がかからないため、新たにカメラバッグを活用したステップ台を用意しました(詳しくはこちら)。

高負荷タイプのステップ台

新たなステップ台は高さが31cmで、使ってみると足腰にけっこうな負荷がかかります。100歩のステップ運動で心拍数が100を超える程度まで上がりますので、足腰の運動にはちょうど良いと思われます。
 
でも、もう少し負荷が小さい運動にも使えるステップ台も欲しいと思うようになりました。何か適当なものがないかと探していたところ、ホームセンターに杉の廃材で製作した踏み台が5百円程度で売られていました。高さもちょうど良さそうなので即購入しました。

実際に使ってみたところ、踏み板の強度がギリギリでそのうちに壊れそうな感じです。そこで、以前に使っていたステッパーの踏み板(プラスチック製)を活用して補強することにしました。その踏み板を組み付けるとこんな感じになります。
 
低負荷タイプのステップ台

これで踏み板の強度問題は解決です。高さもちょっとだけ高くなりました(23cm)。この高さだと軽い負荷で運動するにはちょうど良さそうです。しばらく使ってみて高さが不足するような場合には脚部に木材を追加しようかと思います。

それにしても、たった8cmの違いで足腰への負荷がまるで違うのには驚かされました。欲を言えば高さが連続的に調整可能なステップ台だったら、体調に合わせて負荷レベルを変化させられるので、理想的なステップ台になるのですが。。。。。

サロメチール2019年08月07日

高校生のとき、バスケットボールの部活動では“サロメチール”が必需品でした。試合や練習のときに足首を捻挫しがちなのですが、そのときにはよく使ったものです。

その“サロメチール”が今でも売られているんですね。オドロキです。
 
サロメチール
                   ※ この図は、こちらからの引用です。

手指の関節が痛むので、最近サロメチールを使ってみたのですが、そこそこの鎮痛消炎効果はあるものの強烈なニオイが玉に瑕です。強烈なニオイを無くした商品はないものかとネットで探したところ、ありました!“サロメチールソフト”という商品名で売られていました。

早速ネット通販で購入しました。購入した商品はこんな外観です。
 
サロメチールソフト

試したところ、確かにあの特有のニオイは無くなっていました。効果のほうも従来のサロメチールと同様な印象です。

ちなみに、塗り薬の“鎮痛消炎剤”にはいろんな商品があるようですが、用途は同様であっても主成分の違いにより効果も微妙に異なるようです。以下は参考情報です。
  ● 主成分がサリチル酸グリコール……サロメチール
  ● 主成分がジクロフェナクナトリウム……ボルタレンゲル
  ● 主成分がインドメタシン……バンテリンゲル
  ● 主成分がロキソプロフェンナトリウム……ロキソニンゲル

“オメガ3”というアブラ2019年01月09日

以前、NHKの“ガッテン!”という番組で、「スプーン1杯で身体が激変!?食べるアブラの新常識」というテーマで食用由のことが取りあげられていました。

一般に食用由は次のように分類されるのだそうです。
 
食用由の分類
                 ※ この図は、NHKの“ガッテン!”からの引用です。

バターなどの“飽和脂肪酸”、オリーブ油などの“オメガ9脂肪酸”、 サラダ油などの“オメガ6脂肪酸”、 えごま油などの“オメガ3脂肪酸”の4種類です。飽和脂肪酸とオメガ9脂肪酸は体内で生成されるので必ずしも摂取しなくても良いのですが、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸は体内で生成されないので、食事から摂取する必要があり“必須脂肪酸”と言われているのだそうです。

オメガ6脂肪酸は血液を固まりやすくする働きが、オメガ3脂肪酸は逆に血液をサラサラにする働きがあり、両者をバランス良く摂取することが大事なのだそうです。

かつての日本人は魚を中心とした食生活でしたのであまり問題にはされませんでしたが、近年では肉を中心とした食生活に変化しているため、オメガ3脂肪酸が相対的に不足しているのだそうです。オメガ3脂肪酸が不足気味だと、心筋梗塞のような心疾患のリスクが高まるのだそうです。

番組によれば、平均的日本人の食生活の場合にはオメガ3脂肪酸を1日に小さじ一杯分を追加で摂取する必要があるのだそうです。オメガ3脂肪酸を適量補充することにより、体重や中性脂肪が減少するという見た目で分かる効果があるとのこと。

そこで、早速亜麻仁油を購入して試してみることにしました。次の写真は購入した亜麻仁油です。ビンのラベルにはしっかり“オメガ3”と書かれています。
 
購入した亜麻仁油

1ヶ月ほどで効果が現れると思われますが、オメガ3脂肪酸の補充によりどの程度の効果が現れるのか期待されるところです。

最後に、番組よる重要な情報を紹介します。オメガ3脂肪酸を多く摂取すれば良いという訳ではなく、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスが大事なのだそうです。理想的なオメガ6とオメガ3の割合は2:1とのこと。「過ぎたるは及ばざるがごとし」なのでご注意を!