新しい道路がようやく開通2020年10月13日

今年3月31日のブログ(詳しくはこちら)で紹介した新しい道路(記事の後半)は、一応完成したもののなかなか供用されず、半年経過した10月になってようやく供用となったようです。

新しい供用区間の北側の端はこんな感じです。完成後半年経過しているので、歩道には修理箇所があちこちに見られます。
 
北側の端

南側の端はこんな感じです。両側が切り通しになっています。
 
南側の端①

南側の端を反対から見るとこんな感じです。新しい道路のほうが交差道路よりも広いのですが、古くからある交差道路のほうが優先となっています。
 
南側の端②

まだ開通したことが知られていないせいか、クルマは時々しか通らない状況でした。今後交通量が大きく増加すれば、新しい道路のほうが優先に変わるかも知れません。

西濃運輸のトラック2020年10月08日

きょうは秋雨前線の影響で終日雨との予報なので、ブログを更新しようと思います。

先日の散歩で、“西濃運輸”の支店近くまで行きました。
 
西濃運輸の支店

その支店横にある大型トラックの駐車場には、沢山の長距離輸送用のトラックが並んでいました。
 
駐車場のトラック①

何気なくトラックの製造メーカーを見ると、すべて“日野自動車”製でした。他の場所に駐めてあるトラックもすべて“日野自動車”製です。
 
駐車場のトラック②

運送会社のトラックには通常いろいろなメーカーの車両が使われているのですが、西濃運輸の場合には日野製の車両に限定しているように見えます。

そこで、「西濃運輸と日野自動車には深い関係があるのかも?」と思ってネットで調べたら、本拠地の岐阜県内において西濃グループは日野自動車のディーラーを有しており、それ故に日野製の車両が多く使われているようです。また、街中で見かける配送用の小型トラックも日野製が多いのですが、中にはトヨタ製の車両もあるとのことでした。これも西濃グループがトヨタ系のディーラーを有しているからなんだそうです。

ちなみに、西濃運輸では日野製の大型車両しか使われていないのかというと、必ずしもそうではないみたいです。ウィキペディア情報によれば、いすゞ製の車両もごく稀に使われているとのことでした。

散歩コースの踏切が廃止に!2020年10月03日

散歩コースの途中にある「歩行者・自転車専用の踏切」が今週突然封鎖されていました。
 
歩行者用踏切

その封鎖された踏切には、次のような説明書きがありました。
 
廃止の説明書き

この踏切は最短コースで線路を渡れるのでとても重宝していたのですが、10月から廃止とのことです。とても残念ですがJRの方針ですのでやむを得ません。現時点では、警報器や遮断機が作動する状態になっていますが、間もなく撤去されるのでしょうね。

きょうの散歩コースの途中で“キンモクセイの花”の臭いがしました。この臭いは本格的な秋になってきていることを感じさせます。
 
キンモクセイの花

秋が深まると、“栗”や“柿”などの秋の味覚が出回るようになります。楽しみです。

ソバ畑が満開!2020年09月30日

きょうの散歩途中に“ソバ畑”がありました。一面真っ白の花が咲いていました。
 
ソバの花

実に見事な満開状態です。ちなみに、ソバの収穫期は10月末から11月頃になるらしいです。これだけ広い畑だと大型の機械を使って収獲するのでしょうね。

跨線橋の4車線化工事 (その8)2020年09月29日

久しぶりに跨線橋の工事現場に足を向けてみました。足場や防護壁があって工事の内容がよく分からないので、外観からは大きな変化は無いように見えます。
 
全体外観

でも、既存の跨線橋側から見ると、これまで見えていた内部の様子が全然見えなくなっていました。
 
コンクリート外壁

コンクリートの外壁ができていたので、内部が見えないようになってしまったようです。橋の端っこから見るとこんな状況でした。
 
橋の端っこ

どうやら道路面になるところのコンクリート打ちは完了したようです。スロープ側の工事はまだまだ先の工程なのでしょうか。次の大きな変化を見るのが楽しみです。

工事現場の周囲にある蓮田を見ると、蓮の葉が倒れて枯れていました。蓮は休眠状態に入ったようです。

枯れた蓮の葉