バッテリー充電器の購入2019年05月29日

我が家の買い物グルマのバッテリーを交換した際、古いバッテリーはまだ使える状態だったので、電動ドライバーなどの電源として利用しています。しかしながら、このバッテリーに充電するのにこれまでパソコン周辺機器の電源ユニットを利用していたのですが、電源容量が十分ではないので十分に充電できずにいました。

そこで、この際思い切って自動車用のバッテリー充電器を購入することにしました。ただし、本格的な仕様の機器ではなく、小電流で充電する簡易型の充電器です。この手の充電器だと非常に安価に入手できるみたいです。

購入した充電器の外観はこんな感じです。安価なだけに中国製のようです。
 
本体外観

でも、侮るなかれ!!!実に豊富な機能を備えているんです。保護機能だけで次のような内容になっています。
     「過電流保護」  「短絡保護」   「逆接続保護」
     「過熱保護」   「過電圧保護」  「低電圧保護」
さらに、「サイレント冷却ファン」が付いており、最大で5Aまでの電流が流せます。「通常充電機能」のほかに「修復充電機能」も備えています。また、液晶画面が付いていて「電圧」「電流」「外気温度」などの表示ができるようになっています。

電源を接続しない状態でバッテリーに接続すると、バッテリーの電圧を表示します。
 
バッテリー電圧の表示

この状態で電源を接続すると、自動的に通常充電が始まり、「充電電圧」や「充電電流」が液晶に表示されます。充電が完了すると自動的に電流が切断されます。次の写真は充電電圧が表示された状態です。
 
充電電圧の表示

バッテリーがかなりへたっている場合には、パルス状に高めの電圧をかける「修復充電機能」を使うことにより回復を試みることができます。次の写真は修復充電機能が作動しているときの液晶表示です。
 
修復充電時の表示

このように、低価格(2千円)の割にはなかなか高機能な充電器なのですが、取扱説明書が小さな紙切れ1枚というのが難点です。それも英語版だけです。
 
英語の取扱説明書

修復充電機能でへたったバッテリーをどれだけ修復できるかちょっと怪しいですが、通常充電機能は十分使えると思われます。

エアコン運転時間と電力使用量の関係2019年04月27日

今週は天候が不安定で、水曜日から雨が降ったり止んだりの空模様が続いており、ず~っと散歩ができませんでした。本日の天気予報によれば日中には回復するとのことですが、今にも降りそうな曇り空のままです。

散歩ができない日が続きましたので、暇に任せて「エアコン(暖房)運転時間と電力使用量の関係」について分析を試みました。手持ちデータを使っての分析ですので、正確さに欠ける面はあるかも知れませんが、少々興味深い結果が得られましたので紹介したいと思います。

~ ~ ~ ~ ~
この冬には、これまでないくらいエアコンによる暖房を多く使いましたので、電力使用量が例年よりも多くなるだろうと覚悟していました。ですが、運転時間をかなり多くした割には増加した電力使用量は僅かな量に留まったようです。

そこで、エアコン運転時間と電力使用量の関係についてデータで調べてみることにしました。ただし、両者に関する詳細なデータは持ち合わせていないため、手元にあるデータを使った分析なので大雑把なものになってしまいますが、何らかの傾向を見出すことができればラッキーと思って着手しました。

まず、エアコンの運転時間についてのデータ化です。
我が家のエアコンに累積運転時間を記録する機能が備えてあれば良いのですが、残念ながら備わっておりません。でも、フィルターの自動清掃機能は設定した運転時間間隔で作動するようになっていますので、これを使えばおよその運転時間を推定できそうです。幸いにもエアコンの自動清掃機能が作動した日をマークしていたので、これを使って運転時間を推定することにします。

1月から3月までの3ヶ月間に、エアコンの自動清掃機能が作動した回数は次のように記録されています。
 
自動清掃機能

自動清掃機能の作動間隔は40時間(標準設定)になっていることから、それぞれの運転時間は次のように算出されます。
 
運転時間

この4ヶ年の推移をグラフにすると次のようになります。
 
運転時間の推移


次に、電力使用量の算出です。
検針票に記された毎月の電力使用量から、1月から3月までの3ヶ月間における我が家の電力使用量を合計すると次のようになります。
 
電力使用量

また、この4ヶ年の推移をグラフにすると次のようになります。ここ数年は、石油ストーブの使用時間を減らしながらエアコンの使用時間を増やしてきているので、電力使用量は漸増傾向となっています。
 
電力使用量の推移

ただし、上記の電力使用量の値は、エアコンを含むすべての家電による我が家の電力使用量です。ここでは、エアコンの電力使用量とみなせるデータにするため、エアコンを暖房として使っていなかった2014年以前の5年間における1~3月期の電力使用量データを用いてエアコンの電力使用量を推定します。

2014年以前の5年間の電力使用量(1~3月期)の合計は以下のようになります。
 
エアコンなしの電力使用量

これらの平均値である950kwhを差し引くことにより、およそのエアコン暖房の電力使用量を推定することにします。エアコン暖房の電力使用量は次のようになります。
 
エアコンの電力使用量

以上で得られたデータから、2016~2019の1~3月期におけるエアコン運転時間とエアコンによる電力使用量の関係(相関)をグラフにすると次のようになります。
 
運転時間と電力使用量の関係

この図から、エアコンの運転時間と電力使用量は必ずしも比例関係にはならないことが分かります。とりわけ、この冬(2019年)はエアコンの運転時間が昨年(2018年)の倍程度になっていますが、電力使用量の差は10kwh強とわずかな増加に留まっています。

この結果から、「エアコンで暖房する場合、節電を意識してこまめに電源をオン/オフするよりは設定温度を下げるなどの工夫をしながら運転を続けるほうが効果的である」と考えられます。

~ ~ ~ ~ ~
今回は暇に任せていろいろ回りくどいことをしてしまいましたが、最近の高機能なエアコンを使えば、今回の分析結果のようなデータがダイレクトに得られる機能を備えているようです(笑)。

ブルートゥース通信2019年01月17日

最近のスマホにはブルートゥースの通信機能が標準装備されており、それを接続する機器としてはパソコン、カーナビなど様々なものがあるようです。

私が使っているパソコンにもブルートゥースの通信機能が装備されているのですが、残念ながらスマホを使っていないので、これまでは宝の持ち腐れ状態でした。でも、BGM用に使っているラジカセにブルートゥースが付いていることが最近分かった(これまでは関心が無かったので見落としていました)ので、パソコンと接続してどのような使い方ができるのか試してみることにしました。

接続の方法は比較的簡単です。まずラジカセの電源を入れて入力モードを“ブルートゥース”にします。すると、ラジカセの表示部には“PAIRING”の文字が点滅し、接続準備中であることを示します。
 
接続準備中

次に、パソコンの“設定”メニューを開き、“デバイス”をクリックして「Bluetoothとその他のデバイス」の欄にある「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリックします。
 
設定方法

すると、接続準備中であるラジカセのデバイスが自動的に認識され、デバイス名が表示されます。
 
接続後

これで接続完了になります。ラジカセの表示部には“CONNECT”と表示され、通信状態であることが示されます。
 
接続状態

一方、パソコンのほうは通知領域のブルートゥースの箇所がアクティブ状態になり、接続されたデバイス名が表示されます。
 
接続状態の通知

接続が完了した後、パソコン側で音楽を再生するとラジカセ側から音が流れます。このとき、パソコン側のスピーカーからは音が出なくなり、パソコン側からは音量調節ができなくなります。

ブルートゥース機能を持つオーディオ装置をパソコンに接続すれば、パソコン側にある音楽ソースを高音質で楽しむことができるようになります。

最近では、“Bluetoothスピーカー”というカテゴリーにいろいろな商品が出ているようです。これを使えばワイヤレスで音楽を楽しむことができるみたいです。電源がバッテリー方式のものであれば電源ケーブルも不要になります。

世の中では技術がどんどん進歩していくので、シニア世代の人間はついていくのが大変ですね。

浴室のタイマースイッチ交換2018年09月07日

築後26年になる我が家ですが、老朽化して故障する設備機器が出てきています。今回は“浴室のタイマースイッチ”が自動でオフにならなくなってしまいました。

住宅メーカーのメンテナンス担当に依頼してスイッチを交換してもらうことにしました。しかしながら、同じものは生産中止で入手できなくなっているとのこと。そこで、互換性のある新型のスイッチに替えてもらうことにしました。旧型と新型のタイマースイッチセットを比較するとこんな感じです。
 
新型と旧型の比較

旧型のタイマースイッチはゼンマイ式ですが、新型はタイマーの時間をプリセットする電子制御方式になっています。プリセット可能な時間は10秒から12時間までとなっていますが、我が家だと20分か30分ぐらいしか使わないだろうと思われます。

新型では照明と換気扇のスイッチ位置が上下逆になっていますが、あまり問題ないと思われますので、そのまま取り付けてもらうことにしました。取り付けた状態はこんな感じになりました。
 
取り付け後

これからは、いろんなところが次々に故障するのだろうと思われますが、さてさて次はどこが故障するのでしょうか。

家電の更新2018年07月19日

購入してから30年近くになる「電子レンジ」が最近おかしくなってきました。基本の機能はまだ大丈夫なのですが、時間などを表示する表示部がまともに表示されなくなってしまったのです。時間などの設定が表示されないと非常に使いづらいので、この際だから買い替えることにしました。

買い替えるにあたっては、これまでのような「電子レンジ」単機能ではなく、「オーブンレンジ」にすることにしました。最近のオーブンレンジには様々な付加機能が付いた高級品からシンプルな機能の廉価版まで数多くの商品がありますが、我が家の使い方を考えれば高級品は“宝の持ち腐れ”になりそうなので、シンプルな機能が良さそうです。なので、機能がシンプルで容量も比較的小さい20Lのものを購入しました。
 
オーブンレンジ

実際に使用してみると、この機能で十分なように思えます。ただし、残念なことが一つ。表示部の液晶にバックライトがないのです。表示部が見えるようにするには、日中でも照明をつける必要があるんです。使う度に台所の照明をつける必要があるのはちょっと煩わしく感じます。

オーブンレンジを購入するついでに、これまで寝室で使っていた扇風機も買い替えることにしました。これも30年ほど使ってきたものであり、スイッチの接触不良などが生じていて使う度にイライラしていました。

購入にあたっては、
  ① DCモーターを使っていること
  ② 風速切替の段数が多いこと
  ③ リモコンが附属していること
を条件にして機種選定をしました。購入したのは、アイリスオーヤマ製の廉価版です。
 
扇風機

実際に使用してみると、上記の条件は一応満たしていて作動音も静かなのですが、
 *リモコンの風速切替が一方向なので、風速を弱める場合には何回も押す必要がある
 *リズム風の機能がついておらず、常に一定風速である
といった点が残念に思われます。