新型コロナの対策用品が・・・・・2020年04月27日

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、マスクなどの対策用品が急激に不足する状況になっています。以前には、使い捨ての“不織布マスク”1枚の単価が7円程度だったのですが、現在ではどこのお店に行っても品切れ状態といった状況です。
 
不織布マスク

政府の呼びかけによって増産の努力がなされ、また家電メーカーなどでも生産されるようになったようです。しかしながら、まだまだ普通のお店で買える訳ではなく、もし買えたとしても1枚あたりの単価が以前の10倍程度になっているようです。

政府は「1世帯あたり2枚の布製マスク配付」を開始したようですが、いつになったら一般庶民の手元に届くのかは不透明な状態です。

そこで、世間では「布製マスクを自分で作ろう!」という動きが活発になってきています。学校が休みになって、自宅待機している生徒の実習課題としても布製マスクの自作が広まっているようです。
 
布製マスク

ところが、みんなが布製マスクの自作を始めたせいか材料が品切れになってきているようです。まず“ガーゼ”が店頭から消えました。次に“ゴム紐”が消えました。その次に消えたのは“ミシン糸”です。また、簡易型のミシン本体も品切れ状態になっているという話もあるようです。

新型コロナウィルスの影響を受けて品切れになったのはマスクだけではありません。電子体温計や電池も品切れ状態になっているようです。電子体温計の電池には“LR41”というボタン電池が使われているのですが、これが店頭から消えてしまいました。
 
電子体温計

幸いにも、ネット通販ではボタン電池の入手が可能であり、リーズナブルな価格で買うことができるようです。

消毒用アルコール”も入手困難な状況となっているようです。これまではドラッグストアに行けば買えたのですが、通常の小売店では品切れ状態となっています。それでも卸問屋などを辿っていくと見つかることもあるらしいです。

コロナ騒動”は相変わらず続いており、テレビでは連日取りあげられています。自治体の自粛要請に応じてみんなが外出を自粛し、感染者数の減少につなげていきたいものです。

ステッパーとステップ台2019年11月15日

雨が降って散歩できない日などには、これまで“ステッパー”という器具を使って室内で歩行運動をしていました。そのステッパーはそろそろ寿命を迎えたようです。
 
ステッパー

支点部位の鉄板が割れてしまいました。
 
損傷した部位

さすが“韓国製”です。支点部位に使った部材が強度不足のため疲労破壊してしまったようです。いったいどのような強度計算をしてこの部材を使ったのかと疑問に思ってしまいます。まあ、安物なのであっさり諦めることにします。

このステッパーは“ステップ台”としてもこれまで活用してきました。両足の台の下に板を挟めば約20cm高さのステップ台になるんです。
 
代用のステップ台

このステッパーはステップ台としてならまだまだ使えるのですが、最近では20cmという高さだと少々物足りない感じになっていました。

そこで、この機会にもっと高さのあるステップ台を用意することにしました。出来合いのものを買えば簡単なのですが、それではつまらないので我が家にある物を活用することにしました。

使えそうなものをいろいろ探したところ、今では全く使うことがなくなったジュラルミン製の“カメラバッグ”が出てきました。高さはちょうど30cmなので、これなら使えそうです。

金属製の天板のままだと足を載せたときの感触が良くないので、把手を外してベニヤ板を取り付けました。このベニヤ板は天板の補強を兼ねています。
 
高さのあるステップ台

早速上り下りして使ってみたところ、けっこう足腰に負荷がかかってちょうどいい運動になりそうです。また、カメラボックス本体の強度は十分なようです。

ただ、この高さだと運動中に身体のバランスを崩してしまうことも考えられるので、安全確保のため何かに掴まりながら運動するのが良さそうです。

夏用の羽毛掛け布団を購入2019年07月16日

羽毛布団に慣れてしまうと、綿入りの布団は重く感じられるので敬遠したくなります。そこで、この夏用に羽毛の掛け布団を購入することにしました。たまたま、近くの衣料品店でバーゲンがあったので見に行ったら、魅力的な価格のものが出ていたので即買いました。
 
購入したダウンケット

この商品には一応“京都西川”というタグが付いていましたので、中国製とのことですが安心はできそうです。商品名は“ダウンケット”と言うのだそうです。この商品は家庭での丸洗いが可能なので、布団カバーなしで使っても大丈夫なようです。カバーを使うと、カバー内部で布団がよれよれになってしまって使いにくいですよね。
 
品質表示タグ

早速使ってみました。見た目には非常に薄っぺらで、これで布団の役目を果たすのかな?と少々疑問でしたが、意外や意外、保温効果はしっかり得られるようです。そのうえ、羽毛布団特有の湿気が抜けやすいという性質があるのでとても快適です。これで買値が約3千円(税込み)ですから、とても買い得だと思われます。

蛇足ながら、テレビで“ジャパネットたかた”のテレフォンショッピングでも同類の商品が紹介されていました。こちらは2枚組みで約1万円とのことなので、今回の買い物はGOODだったように思います。

サッシの戸車オーバーホール2017年12月13日

最近、我が家の掃き出し窓(サッシ)の動きが悪くなってきたので、戸車をオーバーホールしてみることにしました。

まずは、前準備です。戸車を外す前に軸の取り付け位置をマーキングしておくことが大変重要になります。なぜかというと、戸車のシャフトが偏心型であり、取り付ける向きを変えることで戸車の高さが変えられるような構造になっているんです。もし、元の取り付け位置を分かるようにしておかないと、立て付けが合わず後で大変苦労することになってしまいます。
 
戸車のシャフト

サッシを取り外した後に戸車を外すのですが、下手をするとシャフトを抜いた途端、戸車が溝の奥に入って行ってしまうので、これに対しても事前の用意が必要です。今回は太い針金を戸車の形に合わせてホルダーとして使いました。

外した戸車は、こんな感じのものです。プラスチック製の戸車本体が非対称の形状になっているのが特徴です。これは、サッシが外側に外れにくくなるよう、内側のフランジ径が大きめになっているんです。これもサッシを取り付けるときには間違えないよう注意しないといけません。
 
戸車本体

戸車のベアリング部は、ニードルローラーベアリングを使った構造になっています。ニードルローラーはほとんど正常でしたが、インナーレースはだいぶ擦り傷が付いていました。ほこりの侵入とグリースの劣化が原因と思われます。アウターレースのほうは殆ど問題ない状態でした。

ベアリングの構成要素
 
インナーレースにキズが見られるもののまだ十分使えると思われますので、ベアリング部の構成要素をそれぞれ灯油で洗浄し、グリースをたっぷり塗って組み付けました。

せっかくサッシを外したので、ふだん手入れできない部分(サッシの重なり合っている部分、レールの中央部分など)を清掃してからサッシを取り付けました。試運転したところ、動きが実にスムースで新品同様といった滑らかな動きになりました。

それにしても、家を建ててから25年以上メンテナンスフリーで使い続けてきたのに、戸車がこの程度しか傷んでいないのはオドロキです。ベアリングも密閉型ではないにもかかわらず、まだグリースが僅かですが残っていました。

ティッシュ使い始めの裏技2017年09月19日

新しいティッシュを開封して使い始めるとき、「一枚ずつ取り出したいのに何枚もまとめて出てしまった」という経験はありませんか。

今回のブログでは、この問題を解決する裏技について紹介したいと思います。あるとき家内が知人から伝授されてきた裏技です。

ティッシュを開封した直後の状態です。
 
開封した直後

この状態で、ティッシュに“ハンドパワー”を与えます(Mr.マリックの受け売り)。
 
ハンドパワー

こんな感じで真ん中を押し込むと、「あ~ら不思議!!!」ティッシュが1枚ずつきれいに取り出せるようになるんです。
 
裏技の効果

この裏技については、こちらでも紹介されていました。真ん中を押し込むときは指1本でなくとも良いみたいです。あるテレビ番組で紹介されていたのだそうです。