本年上期の歩行実績2020年07月01日

いつの間にか6月が終わって7月に入りました。ちょうど本年上期から下期に切り替わる機会なので、散歩で歩いた結果を“本年上期の歩行実績”としてまとめておきたいと思います。

まずは、“毎日の歩行実績(歩数)”です。散歩で歩いた毎日の歩数をプロットすると次のようになります。
 
毎日の歩行実績

3月までは1日の目標歩数を2.5万歩としていましたが、最近は体調が戻ってきたので4月から目標を上げて毎日3万歩としました。結果として3万歩を超える日が多くなっています。これまでの最高は32,800歩です。

次に、歩数から歩行距離に換算し、月ごとの累積歩行距離を求めて棒グラフにしました。
 
毎月の歩行実績

2月を除き、毎月400km超えを達成しています。目標歩数を引き上げた4月以降は450kmを超えるようになりました。

最近は、新型コロナウィルスの感染を考慮し、散歩中に出逢った人とすれ違う際にはできるだけ間隔を空ける必要があります。そのため、できるだけ人に遭わないような散歩コースを選んでいます。その結果、散歩コースが限定されてしまい、思うようなペースで散歩するのがやや難しくなっています。でも、何とか現在のペースを維持していきたいと思っています。

インターネット・ラジオ2020年06月25日

私はリハビリ体操をするとき、BGMとして“インターネット・ラジオ”を利用しています。インターネット・ラジオを聴くためのアプリはいろいろありますが、私が利用しているのは“App Radio”というアプリで、Microsoft Storeから無料で入手できます。
 
App Radio

このアプリを使うことにより、世界中のいろいろなラジオ番組を聴くことができます。私のお気に入りはイギリスの“CLASSIC FM”というラジオ番組です。
 
Classic FM

このラジオ番組では、古典音楽から軽音楽まで幅広いジャンルの音楽を常時流しています。特徴的なのは、長い曲をそのまま流すのではなく、曲の一部を切り取って流しているんです。例えば、非常に長いベートーヴェンの交響曲第9番を楽章単位でランダムに流します。なので、第3楽章が突然流れてくると、「あれ!、聴いたことがある曲だけど曲名は何だっけ?」と思い、一生懸命思い出そうとします。これが頭の体操として結構楽しめるんです。

それから、オーケストラのための音楽なのに、ピアノで演奏したものなどアレンジした音楽も流されます。そうするとまた考え込んでしまうんです。その他にもいろんな楽しみ方があると思いますので、一度試してみられることをお薦めします。

もう一つ別のアプリも利用しています。“TuneIn”というアプリで、これもMicrosoft Storeから無料で入手できます。
 
TuneIn

このアプリで選べるラジオ番組の中で、私のお気に入りはカナダの“Calm Radio – Classical Piano”という番組です。
 
Classical Piano

こちらの局では、クラシックピアノ曲だけを流しています。比較的短い曲が多いみたいです。

上記いずれのアプリでも曲の合間に英語ナレーションが入りますが、英語が不得意な私には何の言語なのかなかなか識別できないほど早口なんです。でも、ときどき知っている単語を聞き取れたりすると「あ~、やはり英語のナレーションだったんだ」と思うような次第です。情けないです。。。。。

ほかに、日本国内のラジオ放送をインターネット・ラジオとして聴くことができるアプリもあります。そのアプリは“Radiko Player”というのですが、ナレーションが日本語なので思わず聞き入ってしまい、リハビリ体操が思わず止まってしまいます。というわけで、音楽を聞き流しながらリハビリ体操をする私のような使い方には向かないようです。

お気に入りのティッシュ2020年06月19日

ティッシュペーパーには様々な商品がありますが、私が気に入っているのは「クルマのディーラーで貰える景品としてのティッシュ」です。何故これが“お気に入り”なのかと言うと、箱に入っている全ての紙の折り目が真ん中できっちり折られているからなんです。
 
ディーラーの景品

不規則な折り目がついたものは一切ありませんので、箱から出してさらに折って使うようなときには気持ちよく使えるんです。

しかしながら、我が家で使う分のすべてをこの景品だけに頼る訳にはいきません。また残念なことにこの景品の箱には一切の製品情報が書いてないので、中身が同じ市販品を簡単に見つけることができません。そこで、市販されているいろいろな商品を購入し、お気に入りのティッシュと同じものがないか調べることにしました。

もっとも良く知られているのが“クリネックス”というブランドの商品です。“日本製紙”という大手の製紙会社のものですので、さすがに紙の質は良いのですが、1枚ずつ取り出すと5枚に1枚くらいの割合で不規則な折り目のものが混じっています。写真にあるのはたまたま折り目が良かったものです。
 
クリネックス

次に調べたのは“大王製紙”製の“エリエール”というブランドの商品です。これもよく知られた商品であり紙の質は良いのですが、やはり不規則な折り目のものがある割合で混じっています。
 
エリエール

以上のブランド力のある商品をクルマのディーラーが景品に使うというのはコストの観点からは考えにくいので、比較的価格が安いものも調べました。

これは、“ライトエール”という“カワチ薬品”のオリジナル商品です。これも不規則な折り目のものが多く混じっていました。また、廉価版だけあって紙のサイズが一回り小さ目になっているようです。
 
ライトエール

これは、“エルモア”というブランドの“カミ商事”製の製品です。これも不規則な折り目のものが多く混じっていました。写真にも見られるように、端のほうに細い折り目があることが多く、このような折り目のついた紙は使いにくいです。
 
エルモア

これは、 “DCMホールディングス”製の製品ですが、商品名はとくに書いてありませんでした。エルモアと同様、端のほうに細い折り目があることが多いようです。
 
DCMブランド


以上、5種類の市販品を購入して確認しましたが、残念ながらディーラーの景品に相当するものを見つけることはできませんでした。それにしても、機械による大量生産の製品なのに、どうして不規則な折り目の紙が不規則に混じっているのでしょうか。「ナゾ」です。

“アベノマスク”到着2020年06月10日

配付が始まってから暫く経ち、忘れた頃になってようやく“アベノマスク”が我が家にも到着しました。
 
アベノマスク

これまで使っていた「不織布マスク」に比べると、左右方向の大きさがやや不足気味のようです。でもせっかくいただいたので、機会があれば活用したいと思います。

「機会があれば」という理由は、実は現時点で我が家には十分過ぎるほどのマスクがすでに用意できているんです。マスクが店頭から消えてから、家内が布製マスクを手作りで製作しました。自家製のマスクはこんな感じです。
 
手作りの布マスク

作り始めた頃は、「布地が入手困難」とか「ゴム紐が入手困難」などの問題はありましたが、何とか頑張って入手して必要と思われる数の布製マスクが用意できました。

また、5月に入ってからは「不織布マスク」も通販などで入手できるようになりましたので、娘が我が家用にと200枚ほど購入してプレゼントしてくれました。
 
通販で購入した不織布マスク

これだけあれば1年以上はマスクに不自由することはなさそうですが、できるだけ早い時期にマスクが不要になるよう願いたいものです。

本日も最高気温が32℃ほどになりました。これからはこのような高温多湿の日が多くなるので、マスク着用による “コロナ対策”と“熱中症対策”の使い分けを上手にしていく必要がありそうです。

初めての真夏日2020年06月05日

きょうは朝からグングン気温が上がって、午前の散歩から戻った昼前には30℃近くになり、午後の散歩に出かけるときには玄関先が31℃になっていました。
 
玄関先の気温

今年初めての“真夏日”です。午後の散歩から戻ってNHKのデータ放送で本日の最高気温を確認したら31.4℃となっていました。
 
最高気温・最低気温
                   ※ NHKのデータ放送からの引用です。

これからは、いよいよ真夏日が頻繁に訪れるようです。週間天気予報によれば、来週も火曜日以降は真夏日になるみたいです。
 
週間天気予報
                  ※ NHKのデータ放送からの引用です。

これまでも少しずつ日焼けしていたのですが、きょうの炎天下の散歩で一気に日焼けが進みました。首回りがこんな感じになってしまいました。
 
日焼けした首回り

腕も日焼けして皮膚がヒリヒリしています。
これからは熱中症に注意しながらの散歩となりそうです。